カードローンの金利の決め方の秘密とは??

元本によって設定できる金利は変わってくる

カードローンを契約した場合、設定される金利は誰でも同じというわけではありません。カードローン会社によっては一律で同じ金利にしているところもあるかもしれませんが、仮にあったとしても少数でしょう。では、カードローン会社は契約者に対しての金利をどのような基準で決めているのでしょうか。
まず、基準の一つになるのが元本です。利息制限法により、貸したお金が10万円未満であれば設定する利率は年利20パーセントまで、100万円未満であれば18パーセントまで、100万円を超えると15パーセントまでと決められています。つまり、利用限度額が5万円の人と50万円の人では、その金額の差だけで最初に設定される利率が違ってくるというわけです。たくさん借りれば借りるほど法律に基づいて利率が下げられると考えていいでしょう。

リスクの低い客の金利は抑えられる傾向

お金を借りてから時間が経っていて、その間、きちんと返済している人は、カードローン会社に金利を下げてもらえる可能性があります。信用度が高いと判断され、今後、返済が滞る可能性は少なく、金利を下げても問題ないということになるからです。
カードローン会社の金利が高いのは、客の中には途中で返済しなくなる人や、債務整理をするひとが一定数以上いて、その人たちに貸したことで発生する損失を埋めるためです。つまり、貸すリスクが高いから金利を高くしているという論理で動いているわけですが、反対に、貸すリスクが低いと判断した客に対しては上客ということで、金利を下げるサービスも行っています。
公務員のように安定した職業に就いていて、ほかからお金を借りていない客も低リスクということで、最初から低い金利を設定する可能性があります。